PR|兵庫・姫路で離婚や親権の相談なら|音響測定の専門家|東京・港区のシェアオフィス|

娘がダイヤの婚約指輪をもらったので、お相手には高級時計でもお返しに上げたらとアドバイスしました。高級時計と問われてまず思い浮かぶ大定番がロレックスではないでしょうか。大人から子供まで一度は誰もが耳にしたことのある響きです。そんなロレックス、今から100年以上前の1905年にロンドンで設立されました。創業者はハンス・ウイルスドルフ、当時まだ24歳というのだから驚きです。正式にロレックスと名乗るようになったのがそれから3年後の1908年、それは突然のひらめきだったようです。その場所と言うのが乗合馬車の2階席というのだから、人のひらめきというのは不思議なものです。もちろんひらめきには前々からの準備段階があってこそのものです。イメージする発音の良さや美観などを意識したアルファベット5文字(R・O・L・E・X)が降ってきたとのことです。それからは時計自体のクオリティへと尽力することに、1910年にはスイスのクロノメーター歩度公認検定局から腕時計として初の公式証明書を得ています。さらに1914年イギリスのキュー天文台からA級証明書を得るという異例ともいえる快挙を成し遂げ、そのクオリティを確固たるものとしたのです。そして1919年、現在の拠点となるスイスのジュネーブに本社を移し本格始動することになりました。ここからはロレックスが生み出した数々の名品を紹介していきましょう。まずロレックスを語るうえで無視できないのが、1926年世界初の防水腕時計として発表された「オイスター」です。その名が轟いたのが翌年にメルセデス・グライツがオイスターを身につけたままドーバー海峡を泳ぎ切ったことがきっかけ、到着後もオイスターは見事に時を刻み続けていたそうです。オイスターは現在もパーペチュアル(高性能自動巻ムーブメント)を搭載しコレクションに名を連ねています。その他ではセーラー垂涎の一本とされるヨットマスター、堅牢性と信頼性のを兼ね備えいかなる状況下にも対応し得るロレックス エクスプローラー、まさに高級腕時計の象徴と言わんばかりの存在感が根強いファンを獲得するデイデイトなどがあります。

RP|英語上達の秘訣住宅リフォーム総合情報SEOアクセスアップ相互リンク集生命保険の口コミ.COM英語上達の秘訣生命保険の選び方健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウ会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|ダイエットチャレンジ100日